生地もチェックしよう

イラスト

生地も関係している

オーダーシャツの仕立てをする前に知っておくことがたくさんあり、そのなかのひとつに生地があります。生地の選び方によって着心地や肌触りが異なります。いつでも快適に着用したいのであれば、生地についても確認しておくことが大事です。

生地の特徴を確認する

服

生地を知ろう

オーダーシャツを依頼する際、自分で生地を選ぶことができます。生地で着心地が変わってきますので、事前にどのような特徴を持った生地があるかを把握しておくといいでしょう。前もってどの生地でシャツを仕立てたいと決めておくと、スムーズに話し合いが進みます。

色んな種類

生地の種類ですが、スタンダードなものでブロード、通気性が良く夏場の着用に向いているオックスフォード、皺になりにくいツイルなどいろんな種類があります。仕立てて着用する時期が夏だった場合、オックスフォードが向いています。時期や用途を考えて生地を選ぶといいでしょう。

生地の素材について

生地の種類を予め知っておくことも大事ですが、肌触りに大きく関わっている生地の素材についても知っておくといいでしょう。素材にはコットン(綿)、ポリエステル、リネン(麻)があり、それぞれ肌触りが異なっています。

生地の糸について

オーダーシャツの生地の品質ですが、これは糸も関係しています。糸ですが、番手と呼ばれている糸の太さについて知っておくといいでしょう。番手は数字が大きくなればなるほど細くなります。番手が大きいと着心地や肌触り、そして風合いが良くなります。

色の組み合わせ

サックスブルーのシャツとブルーネクタイ

白シャツだけでなく、色付きシャツとネクタイの組み合わせも綺麗に見せることができます。ブルーネクタイだけでなく、ネイビーのネクタイもサックスブルーのシャツととても相性がいいです。白シャツの時と同様、誠実に見せることができます。

白シャツとネイビーのネクタイ

この組み合わせは定番のもので、誠実さと真面目さ、そして清潔感を表してくれます。これらは相手に好印象を与えてくれますので、商談などで着用してみるといいでしょう。しかし、すべてを無地のもので統一してしまうとピンとこない感じになってしまいます。

ピンクシャツとボルドーネクタイ

ピンクシャツは柔らかい雰囲気を表すだけでなく、華やかな印象を与えることもできます。ブルー系と同様、これらも同系色で合わせると綺麗に見せることができます。ですが同系色と言っても組み合わせ次第で派手に見えてしまうこともあるので、深い色合いのネクタイを使って締めるといいでしょう。

白シャツとピンクのネクタイ

ピンクというと女性のイメージがありますが、男性にも好まれている色です。そんなピンクは赤系統の色で、明るみや柔らかい雰囲気があります。ピンクのネクタイの時のスーツの色ですが、ネイビーなど少し明るめの色合いのものと合います。

白シャツとボルドーのネクタイ

ボルドーは赤系の色です。えんじ色やワイン色などが当てはまります。この色は自信とやる気を表す色で自分に自信を持たせたいときに着用してみるのもいいでしょう。ですが、ボルドーでも鮮やかな色味だと自己主張が激しくなり、印象が良くないものになってしまいます。

広告募集中